思い出、いっぱい見つけたよ

今週のお題「私がハマったゲームたち」


こんにちは。管理人を夢中にさせたゲームは幾つかありましたが、その中でもハマり方が尋常じゃなかったゼノブレイド2の話をしたい(追加シナリオこと黄金の国イーラの話を含む)と思います。

画像が3年ぶりに引っ張ってきた管理人の宝物のひとつである『ゼノブレイド2 オリジナルサウンドトラック(豪華版B)』と文章が長い為、(過去記事を読み直しての発売前の話、実際遊んだ話で見出しから色々と語る)目次をつけた点と一部管理人の本音(小文字部分や斜線)が出ていますが無視してください。

 

それとネタバレになりかねないキャラクターの話はあえてセリフとかで伏せています。

 

 

発売前に思った話

ゼノブレイド2の発売告知が出たのは5年前の2017年の1月。その時は1週間後のスイッチの予約(その時は某家電量販店のサーバーが落ちるほど予約に苦戦するとは思いませんでした。)のこととゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのこととゼノブレイド2の発売告知で心を躍らせられました。

 

同年6月

E3トレイラーにて出演する一部の声優さんがわかりました。当時ブログでは言いませんでしたが何人かはアニメや他の任天堂作品で見た覚えのある声優さん(特にレックスくんやゼノブレイドシリーズお馴染みのゾードやヴァンダム司令官や後の3でゲルニカさんを演じたヴァンダムさんや他任天堂作品だと某魔導士にして育てた村人や時系列によっては某緑の少年勇者がパッと思い浮かんだメレフさんや某雷神刀を持った白夜王国の第一王子を思い浮かべたメツがいい例かと)以外にもスタッフロール後に「そうかその役が貴方様(例として亀ちゃんやラウラ姉ちゃんやネフェルや他のゼノブレイドシリーズだとクロスのガ・デウ殿下や3の執政官ワイを演じたビャッコや3のゼットやノポン・ダイセンニンを演じたバーン会長など)か」と思ったり、公式サイトを見たら4曲の楽曲が公開されていてその中でもincoming!が気に入りました。

今では見慣れてしまったホムラちゃんの衣装に感してはゼノブレイドゼノブレイドクロスもそういう服はあったね…ということで水に流しました。

 

同年9月

「アートワークとサントラ欲しさ」にゼノブレイド2 コレクターズエディションを予約。

 

同年11月

ゼノブレイド2ダイレクトがありました。

個人的にメイやKOS-MOS Re:が中々引けずにコアクリスタルをすっからかんにしてしまったブレイドの同調システムや管理人泣かせでハナライズの為に頑張ったTiger!Tiger!や当時あったじっちゃん*1による戦闘システムの解説は「ドライバーコンボ*2ブレイドコンボ*3で発生する属性玉とドライバーコンボとブレイドコンボを合わせると発動するフュージョンコンボってほんとなんだよじっちゃん」とか眼帯をつけたジーク(カメキチをつれているせいや亀柄の眼帯だから亀ちゃんっていうあだ名がある)の名前がジーク・B・アルティメット・玄武で「なんやこのあんちゃんは」とかホムラちゃんとヒカリちゃんが同一人物な件やエクスパンション•パスの販売告知が公開されました。

嬉しい話としてキズナトークがフルボイスと聞いた時は「よっしゃーーー!(ipad前でガッツポーズ)」と思ったのは内緒です。

あと、少しゼノブレイド2から逸れた話でゼルダの伝説ブレスオブザワイルドで『コラボ;ゼノブレイド2』でレックスくんの服(サルベージャーメット、サルベージャーボディ、サルベージャーレッグ)がありました。ダイレクトでそっちも宣伝するとはちゃっかりしてますなぁ…。(配信後、速攻で拾いに行きました。)

 

実際に遊んだ話

2017年12月1日

管理人宅に発売日当日にゼノブレイド2とホムラちゃんのデザインを意識した赤いプロコントローラーが届き、「ようし。アルスト(ゼノブレイド2の世界)の旅をするぞー。」と思い開封しました。

…遊ぶ前にアートワークを軽く見た愚かな管理人のことは置いておきましょう。発売前までノーマークだったメレフさんの表情差分で管理人に稲妻が走り、キズナトーク含めシナリオを進めるつれてメレフさんが一番好きになりました。(イーラのラウラお姉ちゃんでいう「ずっきゅーん」ってやつです)

 

ちなみに後々になってアプリ版マイニンテンドーの遊んだソフトで発覚した話、発売日当日に半日以上ゼノブレイド2で遊び、まさか管理人の心を鷲掴みにして『ゼノブレイド2が1番好きなゲーム』になるのだろうかと当時は思わず、発売から5ヶ月後に出たサントラを聞いた時、脳裏に"あの冒険"が思い浮かべたのでようやく「私はゼノブレイド2が好きなんだな」と再確認をしました。

 

シナリオ

ざっくりというと「少年が少女(と少年に惹かれて行動を共にする仲間達)を連れて楽園に行くお話」です。

一部シーンはコミカルで「お色気要素あるなぁ」とか「亀ちゃんお前、また落ちるんかい」と突っ込みましたが1話でホムラちゃんが目覚めるシーンや3話で訳あってヒカリちゃんが出てくるシーンの流れは個人的に熱かったかと。5話の終盤からゼノブレイド2の世界が生まれた真相を知るにつれて「そうかあの時シンはこう言ったのか」と思いました。

ちなみに印象に残ったシーンは2話終盤の焚き火、3話の「お前の戦を戦えー」の部分、7話のエルピス霊洞であの子が本当の姿を見せる所やメレフさんの「傷は残るのか」とかレックスくんの「このオレにくれー」のシーン、エンディングのone last youが流れるシーンですね。

 

メインメンバー

これはとても長くなりそうなので少し短く言いますと管理人的に本編で出てくるメインメンバー全員、みんな個性が光って好きですね。特に好きな4人をピックアップします。

ほんとはもレックス御一行全員について語りたかったも。だけど文章がとっても長くなったので泣く泣く4人に絞ったんだも…しかもメレフさんに関しては幾度も色々と加筆したら2000字くらいの魅力を語っちゃったんだも。管理人はスチームエクスブロードされるべきだも。

  • 一番好きなのはメレフ*4さん。男装をしているのもそうですが背丈と口調も男性と見間違えるが実は女性。見た目かっこいいし美人で性格もスマートな印象をもつ礼服と帽子をとった時のお顔やまとめ髪も魅力的。真面目な性格ですが傷や肌のことを気にする一面やキズナトークは亀ちゃんに揶揄われてキレたり、負けず嫌いで張り合う場面があってメインシナリオでは見せないギャップや(ヒバナエスト発生前の激辛料理を見た反応やキズナトークの「料理人メレフ」で発覚した)味覚が怪しい部分も可愛いんですよね。
  • コミカルで厨二病な亀ちゃん(ジーク)は加入後は達観しているなあとか『ジーク・B・極・玄武』より「本名*5の方がクッソかっこいいじゃないですか亀ちゃん…」と思いましたし、サイカと動きがシンクロしていたり、6話で標準語を話すシーンは驚きました。…控えめに言ってかっこいい。2周目になると裏キズナリングで覇王の心眼がありますが、アレを使うと亀ちゃんの動きがキレッキレになる。ちなみに亀ちゃんが行き倒れて法王庁アーケディアに世話になった理由はネタバレになるので語りません。
  • ヒロインのホムラちゃんは母性溢れて控えめな一面が好きですが5話のコルレルさんやカグツチのやりとりや6話の終盤で自分を消滅させようするシーンは割と印象に残っています。…傭兵団名の『ファイアー勇者軍団』はないよそれ。
  • カグツチは真面目で美の追求をしたり、可愛いと言うよりも美しさや髪の毛の炎のようなゆらめきがあるのと髪の色が好きですね。カグツチの好物である『ゆきどけミルフィーユ』のセリフも6話の一瞬開眼したシーンも髪の毛に隠れたドキッとする背中も好き。(そう言えばホムラちゃんとヒカリちゃんとカグツチはよいこのスマブラSPで衣装が変わってたなぁ)

印象に残ったブレイドエス

ブレイドエストはバースオブフェザー(イブキ)や月は叢雲花は影(ツキ)やセオリとミクマリと悪い意味だとナナコオリの挑戦が印象に残っています。

モブキャラ

モブキャラは「やらせるかよ!」でお馴染みのスペルビア兵やカタコトで喋るターキンやルクスリアの(メレフさんを男と勘違いした)メイスールとトリゴの街でドライバースカウトを受けたエルノスくんと3話で登場するニルニーやバーンパパことドン・ドーンやTIGERTIGER!について語るスペルビア兵や追加クエストで登場するプロロやイーラを遊んでから「帝都の飯は概ねマズいがカタレッタ*6だけはオススメだ」と言ったハファド氏が印象に残っています。

まさか4話のスペルビア兵とメレフさんとカグツチに一連の騒ぎの誤解を解くシーンでニルニーがイケボだったとはなぁ…

戦闘

アレは理解するまで時間がかかるのでTIPSがないのでシステムを語る部分はスクリーンショットを撮ったり、戦闘中の状況はオオツチ役のナレーションでフュージョンコンボ(下記にて語る“ドライバーコンボ”と“ブレイドコンボ”の合わせたもの)を覚えたり、仲間のセリフを聞いてみると意外とやりやすいものかと思います。(例としては操作をしていない仲間が必殺技が打てるようになったり、回復ポットが出た時やヘイトが盾役に向いていないときなどですね。)

個人的にゼノブレイドシリーズ共通認識で「崩しを入れて転ばせておく」と思っていたのですが、ドライバーコンボとブレイドコンボの2つがあり、それもあってか戦闘システムを覚えるのに時間がかかりました。3話あたりでようやく属性玉の発生させるルートをやっと覚え、5話でようやく(仲間のキズナに左右されるUNOのようなゼノブレイドとオーダー制のゼノブレイド3とは違う)属性玉を割るシステムでフルバースト時の爽快感が気持ちいいチェインアタックのシステム、ドライバーコンボはごめんなさい8話で完璧に覚えました。おかげ様でゼノブレイド2の戦闘システムに近いのちに発売したゼノブレイド3の戦闘システムはすんなりと覚えました。

ちなみに2018年にちゃっかり買った攻略本の話だとレックスくん、トラくん、亀ちゃんはドライバーコンボ重視でニアちゃん、メレフさんはブレイドコンボ重視で動くんだとか。…言われてみると男性陣がドライバーコンボの為にブレイドスイッチしていたのは納得。

フィールド

サフロージュの木が咲き誇るインヴィディアや中華の提灯が並ぶアヴァリティアやスチームパンク感溢れるスペルビアの帝都アルバ・マーゲンの街並みは好きですね。見ててワクワクしちゃうんだも!

8話以降に訪れる雲海の下を含めてネタバレの為伏せますが雲海の下に着いたら「マジかよ…(シナリオもフィールドも)そう来たか」と思うのであった。

ちなみにスペルビアの廃工場は個人的に迷ったのと今を思うとエルピス霊洞はプレイヤー自身も試されている気がします。(黄金の国イーラをやった後、やっぱそこにホムラちゃんと分けて第3の聖杯の剣を隠してもいいかと思うのであった。)

音楽

個人的に好きな曲を4つピックアップ。

  • incoming!…珍しくループしないギターの効いた戦闘曲。4話のハナJK変身時やメツやメレフさんや亀ちゃん(3回目)の戦闘時に流れる曲ですが、リンネがノポンを蹴っ飛ばすシーンも流れていたような…余談ですがコレクターズエディション収録版はゲーム音源に近いのですが、サントラ版は少しアレンジが入っています。
  • Counterattackゼノブレイドでいう敵との対峙のポジションです。Counterattackのレックス御一行の反撃シーンで流れている為か演出上すんごく熱くなります。3話やサントラ収録順のCounterattackからさらに名を冠する者たちの流れは反則です。余談ですがゼノブレイド3の「命を背負って」という曲で、敵との対峙やCounterattackの盛り上がるところを聞いた時は興奮しました。
  • スペルビア帝国〜赤土を駆け抜けて〜…昼のスペルビアのフィールド曲。スペルビアの力強さを感じたのでフィールド曲で1番好きです。しっかし道中、やたら強いモンスターがいたよなぁ…よくそこで亀ちゃんとサイカは待っていたもんだなぁ…
  • それでも、前へ進め!…個人的にゼノブレイド2の曲でこれがとりわけ好きだったりする。7話の出来事があって立ち直るレックスくんとリンクするようなあの感じとサントラだと聞こえますが出だしの機の律動のあの部分が聞き取れるのと2ループ構成なのが好きですね。

ほかだとElysian, in the Blue Sky(オープニングでサルベージをしている所)や戦闘!!や迷ったさらに名を冠する者たちやインヴィディア列王国/夜もグーラ陵のフィールド曲も入りますね。ダウンロードのみで販売している黄金の国イーラのサントラに収録されている戦闘!イーラも四足のアルス/グーラやイーラ王国も捨てがたい…

 

エキスパンション・パス(DLC)

エストの追加やチャレンジバトルとノポンクリスタルを集めた際に交換する報酬品ですが、「耳付きポンチョのホムラ」と帽子で隠れていた表情がくっきり見える「式典用礼装のメレフ」と「雲海大王のスーツのレックス」が見た目的に好きですね。

それと水…耐毒沼用特殊戦闘服もありますし。メレフさんの水着は腹部がシースルーといえどもちょっと刺激が強いような…ううっ普段見せない玉の肌が眩しすぎます。(あまりのお肌の眩しさにお顔が見える「式典用礼装のメレフ」に切り替える管理人であった。)

 

あと条件クリアでシュルクとフィオルンとエルマさんが加わるのも嬉しいところ。

今を思うとエルマふたたびの増援(ゴーストステージ)がとても厄介でした…。パーティーゲージが封印されるし、気が付いたらエルマゴーストに囲まれていたり…トホホ。

それと追加ブレイド(ハナバスター、ヒバナ、カムヤ)もいました。特にカムヤ。チャレンジバトル攻略でお世話になりました。

 

黄金の国イーラ(エクスパンション・パス追加シナリオ/パッケージ版)

そういえばイーラもパッケージ版がありましたね。

個人的に「本編の回想シーンを紐解く黄金の国イーラ」だと思っています。

 

メインキャラクターはカスミ(のちのファン・レ・ノルン)のお化けが苦手な話やネフェルに瓜二つのユーゴくんがアデルと旧知の仲だったりやはり舌がおかしい点とアングが苦手だったり、ラウラねーちゃんの「ずっきゅーん」とかヒカリちゃんのお料理(シンの忍耐力が上がる)、本編とは違う内気なサタヒコ(一体500年の間にサタヒコの身に何があって伊達男になったんだ)、ヒカリちゃんと張り合うミルト、若かりし頃のミノチさん、温泉か何かと勘違いされたカグツチ、お料理が得意なワダツミとクールで優しいシンがいます。

…本編同様、カグツチとヒカリちゃんの仲の悪さはこの時もか。むむむ…。

 

あとがき

ゼノブレイドシリーズ4作品の長所を管理人なりに言うと世界観とシナリオのまとまり具合はゼノブレイド。フィールドとフライトパックで空を飛ぶ魅力はクロス、BGMとシナリオの盛り上がり具合は2。丁寧すぎるチュートリアルとサブクエストの面白さは3と考えています。「みんな(作品ごとの長所が)違ってみんないい」…と思っています。ちなみにゼノブレイドゼノブレイド2やゼノブレイド3のメインメンバーはみんな魅力的で好きなのでこれでいいと思います。

 

それと今回はゼノブレイド2がハマり具合が尋常でなかった上に今年で5周年を迎えるということと管理人が感化されてしまったが為にゼノブレイド2のスクリーンショットやサントラや公式サイトを確認した上で長文を書きつつHTMLや文字のスタイル変更等を行い、投稿後に誤字脱字が見受けられたのとお題のリンクが貼れていなかったことに対して申し訳ございませんでした。

 

最後に「ゼノブレイド2のたくさんの思い出」と素敵なお題とこの長文に最後まで付き合っていただきありがとうございました。

 

2022年12月1日(木)

ゼノブレイド2が5周年を迎えたも。めでたいも。バンバンザイだも。

…ネタバレ(シナリオクリア推奨)がたくさんあるも。気をつけても。

(ここは割と誰でも読めるようにネタバレをセリフで伏せたり等で対処していましたが、リンク先は思い出的な意味でユニークモンスター、レアブレイド、他のキャラクター、ネタバレ込みの印象に残ったシーンを含みます。)

…壁紙の件、うれしーも!

 

2022.8.31追記

アクセス及びスターをありがとうございました。

一晩経ったあとに「管理人を夢中にさせたゲームは幾つかありましたがの具体例がないこと」に気がつき、具体例を冒頭で書くとゼノブレイド2の話からそれたような気がするので…ということで場外であるここで書かせていただきます。

夢中になったゲームの例としてはゼノブレイドシリーズ以外にもポケットモンスターシリーズ(特に管理人に物心がついたばかりで昼夜や曜日の概念があった金銀、色鮮やかになりひみつきちやコンテストも楽しんだRS、ポケットモンスターシリーズで一番たくさん遊んだDP)、アタリマエを見直したゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、世界観が好きなファイアーエムブレムifやリングフィットアドベンチャースプラトゥーン星のカービィWiiマリオカートDSなどですね。これ以上ゲームやスマホゲームタイトルを上げるとキリがなさそうなのでここで切り上げます。

 

2022.11.1 追記

モブキャラの部分と他の任天堂作品で演じた声優さんのところで2017年E3トレイラーで当時わかった声優さんの当時知っていたキャラクターの例とスタッフロール後に「そうかその役が貴方様か」の部分を加筆しました。

(すみません…ニアちゃんとホムラちゃんの声優さんは2017年当時はあまり知らなかったです。)

加筆した際に「年末にゼノブレイド2をやりたいですもー」と思う管理人であった。

 

2022.12.1 追記

最後の部分に5周年を迎えた記事を貼りました。

あれれ…愛ゆえにこれ(7500字以上)とあれ(5500字以上)も両方とも当ブログで前代未聞の長文になってすみませんでした!

paiza特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」

paiza×はてなブログ特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」「ゲームでプログラミング力を試してみよう」
by paiza

*1:セイリュウという喋る巨神獣。

*2:ブレイク、ダウン、ライジング、スマッシュのコンボ

*3:必殺技の決められたルートで発生する玉

*4:フルネームはメレフ・ラハット

*5:ジーフリト・ブリューネ・ルクスリア。ルクスリアの第一王子。

*6:スペルビアの帝都アルバ・マーゲン内のバーサニッツミートで買える肉料理でメレフの好きなアイテム